学生13112の報告書一覧
プロフィール
学科
アジア言語学科
学年
3年
専攻
中国語専攻
留学期間
2024-02-01 ~ 2024-06-30
留学種別
交換
1~4件目 / 4件中
2024-05
月次報告書5月分
台湾留学 5月
あっという間に5月になってしまいました。今月は月の初めに校外学習で宜蘭に行きました。宜蘭伝統園区ではクラスの友達と脱出ゲームに挑戦したり、手作りのものを作ったり楽しみました。その後宜蘭餅の手作り体験をしたりと貴重な体験ができました。また今月日本の友達が旅行で台湾に遊びにきてくれました。実は友達が来るとなって自分が頑張って案内しなければとプレッシャーを感じていましたが、楽しんでもらうことができました。5月は他にも故宮博物館へ行ったり、野球観戦や豆腐作りなど貴重な体験をたくさんすることができました!特に面白かったのが台湾の朝市です。果物やお肉、海鮮が売っている他に、フリーマーケットもたくさんあります。朝市で友達と「レンブ」という果物やスイカを買ってみました。とても安い値段でたくさん入っているのでお得です。 5月の半ばにビザの延長手続きをしに行きました。手続きに必要なものは調べて出てきたもので大丈夫でしたが、いろんな人の体験談などでお金はかからないと書いてあったのにしっかりかかりました。カードが使えかったので危なかったです。 授業面では今月「華人生活文化」という授業でグループ発表がありました。私はベトナム人3人と日本人2人に組だったのですが、最後の発表日ということもあって結構ギリギリに準備が終わったのでもっと余裕を持って取り掛かるべきだったと反省しています。またMTCが今月で終わりました。一コマ3時間で少し憂鬱に感じていましたが、終わるとなるととても悲しい気持ちです。ですが先生が企画してくれた豆腐作り体験に参加して最後にクラスの子達と楽しい時間を過ごせました。 6月は期末テストがあり、それが終わると今学期終了です。とても悲しいです。テストに向けて準備をするとともに、できるだけ思い出を作ります!
アジア言語学科 3年 交換
2024-04
月次報告書4月分
台湾留学 4月
 今月は3日に大きな地震が起こりました。私は一人暮らしで6階に住んでいるのですが強い揺れでした。台湾に来て地震を体験するとは思っていなかったためとても驚きました。大きな被害があるところもありましたが台北はそこまで大きな被害はなかったように感じます。その後も数日間余震が多くありましたが、正直みんなあまり気にしていないように感じました。被害は少ないと言っても図書館の棚が倒れたり、屋根が崩れている場所もあったので気をつけなければいけないと感じました。 4月は初めに連休があったので、友人と高雄へ2泊3日の旅行へ行きました。行きはバスを使ったのですが連休ということで道がとても混んでおり、行くのに7時間程かかってしまいました。そのため帰りは高鐵を使い帰りました。高尾では旗津の海や蓮池潭などを回りました。あまり何も決めずに行った旅行でしたが高雄ののんびりした雰囲気の中でとても楽しむことができました。また台湾人の子と貓空へ行ったりして中国語を話しながら、日本語も教えたりと交流もできました。4月の最後には両親も台湾に来たため少し忙しい月でしたがとても充実した月になりました。今月からyou bikeという、最初の30分は無料になる自転車の乗り方を知ったので活用しています。今月は高雄の旅行の他にもいろいろなところへ出かけることができてとても良かったです。 今月初めて友達に誘われて日中言語交流会に行ったのですが、台湾の子たちが普通に話している中国語が早すぎて全くわからないという出来事がありました。やはり台湾人同士の会話を聞き取るのは簡単ではないなと改めて感じます。  授業に関しては進み方など先月とあまり変わっていません。しかし正規生や授業によっては中間テストのようなものがあったため少し大変そうでした。私が取っている授業は中間の大きなテストはありませんでした。MTC もクラスによってですが、私のクラスはテストはありませんが宿題は多いです。  気候に関してはすでに夏という感じでとても暑いです。そのため夏季限定の食べ物などが出始めています。 最後に私は半年留学なので停留ビザなのですが、ビザの延長手続きが必要になっています。ビザがきれる15日前から手続きができるらしいので5月に入頃に手続きに行く予定です。
アジア言語学科 3年 交換
2024-03
月次報告書3月分
台湾留学2ヶ月目
 授業や生活にも少しづつ慣れてきました。授業では課のまとめ小テストや宿題も増え、MTCが今月から始まったため本格的に授業が始まったと感じました。MTCの授業は週に2日、3時間の授業があります。私は最初、火・金の授業を希望していたのですが月・木の授業に振り分けられてしまい少し焦りました。今回私はそのままのクラスにしましたが、他のクラスに席があれば簡単に移動できるそうです。また最近、師範大学は留学生が履修する科目としての講義科目が少ないと気づきました。留学する際は日本でしっかり単位を取っておくか、こちらで少し難易度が高い講義科目を受けるなどちゃんと考えておいた方がいいと改めて思いました。  生活面について、天気は結構不安定だと思います。暑い日もあれば、次の日には寒いこともよくあります。日本よりは暖かいと思います。 週末にはたくさん遊びに行きました。今月は友だちと淡水や動物園に行きました。淡水では海だけでなく建造物などの観光スポットがあり、現地の学生は無料で観光ができました。日本で大学生はあまり優待がないため驚きましたが、留学生としてお得なうちに色々回りたいと思います。生活も慣れてきたので一人で気になっているところを巡ったり、映画に挑戦したりと一人での外出も楽しんでいます。またバディの子とご飯に行ったり、日本語の文章の添削をしたりと交流することができました。ですが他の大学のように日本語学科で台湾の子達と学ぶ形式ではないのでバディ以外に台湾の友達が作りずらいと感じています。一応バディパーティーはありましたが、あまり交流を促すような会では無かったため自分で積極的に動かなければいけないなと感じました。  来月は授業以外に中国語を話す機会をもっと作って頑張りたいと思います!
アジア言語学科 3年 交換
2024-02
月次報告書2月分
台湾留学開始
 初めての台湾、初めての一人暮らしが始まりました。まず台湾に到着してSIMカードを買ってから、電車とタクシーで借りているアパートまで向かいました。部屋は「PAPAGO」の不動産会社を使いました。日本人が対応してくださる点と寝具や電子レンジなどのレンタルがある点が安心です。今回部屋を借りて少しめんどくさい問題がゴミ捨てです。私はゴミ捨て場がないアパートなのでゴミ収集車が来る時間に自分でゴミを捨てに行かなければなりません。しかし地元の人に混じって現地の体験ができていると考えればいい経験です。学校へは徒歩で行っています、細い道をバイクや車がすごいスピードで通るので気をつけなければいけません。食事は近くの師大夜市やお店で買っています。  台湾到着の次の日にオンラインの筆記試験と口頭試験を受けました。同じ日に学校へ行き、入学手続きのために書類記入や必要書類提出をしました。試験と登録を終えたらとりあえず授業が始まるまでは何もなかったので必要なものを買ったり、観光をして台湾を楽しみました。  翌週から授業が始まりました。約二週間は履修登録のためにいろんな授業を受けることができるので、初めは気になる授業を全て受けました。クラスには正規生や半年前からの交換生も多くいます。授業を受けてみて、想像していたよりも周りの学生の中国語能力が高いことに圧倒されました。授業は始まりましたが、土日は時間があるので街を散策したり電車に乗って少し遠出したりしています。  最後に台湾はすでに温かいと思っていましたが2月中は寒い日が多く、夜はさらに寒くなります。私はユニクロのウルトラライトダウンを持って来ていて、2月中はほぼほぼ着用していました。  台湾で生活して二週間ほどしか経っていませんが今のところ生活面ではあまり困ることはありません。また短い期間の中でも感じられるほど台湾の人は優しいです。
アジア言語学科 3年 交換
1~4件目 / 4件中