報告書一覧
地域
留学先大学
留学種別
1~10件目 / 12419件中
2024-06
月次報告書6月分
ラストマンス in Jakarta
今月はジャカルタで過ごす最後の月です。 今まで出会ってきた方々とお別れをし、最後のジャカルタを満喫しました。授業では、最終課題のプレゼンテーションとテストを受け、約10ヶ月間の授業は終了しました。長いようで短いあっという間の10ヶ月でした。 【生活編】 今月は、送られることが多かったです(当たり前ですが)。ジャカルタに関わらず、海外にいるとやはり日本人同士のコネクションが非常に強いです。6月上旬には、1月に一回だけお会いした人にお別れ会を開いていただきました。普通のお食事会だと思って参加したら、まさかの僕のための会だったので非常に驚きました。15日には、ジャカルタ北部にセリブ島にて、ラグビー部の方々が僕の送別会を開いていただきました。インドネシア人の友達とは、カフェで最後のノンクロンをしたり、帰国日4日前には一緒にPasar Baruに行きました。今までお会いしてきた全ての方々に、大感謝です。 【学習編】 今月7日に、最終課題として、インドネシアについてのプレゼンテーションがありました。私は「インドネシアの経済」について、現在、進められている首都移転政策と絡めて発表しました。発表会場がかなり広かったので、緊張しましたが、なんとか終える事ができました。その翌週には、期末テストがありました。正直、良い点数を取れたかは不安ですが、自分の頭の中にある知識をフルで出しました。 総じて、この10ヶ月間は、起こる事ほぼ全てが「初めて」であり、最初は不安しかありませんでしたが、いつしかそれが普通と思えるようになってきて、自分でなんとかできるようになっていました。自分の長所、そして短所も改めて知る事ができ、充実した留学生活だったと感じます。この経験を糧にして、将来、社会人として飛躍できるように努めていきます! Sampai Jumpa Lagi Indonesia!! また来るぜ!
留学成果報告書6月分
インドネシア留学のまとめ
【派遣先大学について】 (1) 基本情報 ・設立年-1960年 ・学生数-17,00人 ・設置学部-経済・経営学部、コミュニケーション学部、言語教育学部、技術学部、法学部、医学部、心理学部、バイオテクノロジー学部 (2) 所属した学部、コース-外国人学習者向けのインドネシア語コース(BIPA)、コミュニケーション学部 (3) プログラムの概要 ・履修可能な授業、所属学部選択の制限など-BIPA、学部内の授業は全て履修可能 ・学部留学の場合:選択した学部・学科以外の授業を履修できるか-許可を取れば聴講可能 ・学部留学の場合:語学コースを並行履修できるか-可能。 (4) 大学の雰囲気、留学生や日本からの学生の割合や人数-ダルマシスワ奨学金の留学生が8人、その他から3人 (5) 課題や試験(KUISとの違いや負担の大きさなど)-多い、又は同じくらい。 (6) 困ったときに相談できたか、相談窓口はどこか、どのようなサポートを受けられたか-できる。時と場合によって、対応異なる。 (7) オリエンテーション-あった。キャンパスツアーを兼ねたゲームをしたり、お昼ご飯をみんなで食べた。 (8) 履修登録-渡航前にシラバスを見たが、説明足らず。危うく、1時間ほどかかるもう一つのキャンパスの授業をとることになりそうだった。 【自身の留学について】 (1) 留学を決意した理由-行かなかったら後悔すると思ったから。 (2) 留学先を選んだ理由-協定校の中で最も難易度、知名度が高かったから。 (3) 留学のためにした準備/しておけば良かったと思う準備(学習面)-渡航前にインドネシア語検定C級を取得し自信をつけた。ある程度の単語の知識を入れた。 (4) 留学のためにした準備/しておけば良かったと思う準備(生活面)5種類のワクチンを打った。長袖の服をもう少し持っていけばよかった。 (5) 留学中の交友関係(どのようなきっかけで交友関係が広がったか、どのような活動をしたかなど)-K3Jの皆んなと遊んだ。スポーツ大会をしたり、ボーリングに行ったり、お昼や夜ご飯を食べた。 (6) 授業についての全般的な感想、学んだこと-現地の生きたインドネシア語を沢山学ぶことができた。 (7) 授業外で参加した活動(ボランティア、サークルなど:参加した場合申し込み方法)ジャパネシアと呼ばれるジャカルタにいる日本人と交流するという場に参加した。留学生みんなで一泊二日で離島に行った。 (8) 授業外の活動についての全般的な感想、学んだこと-インドネシア人に限らず、外国人と過ごすのはとても大変に感じる反面、吸収できることも沢山ありとても有意義なものだと感じた。 (9) 留学で達成した最も大きなこと-発展途上国で10ヶ月間という長い期間生活できたこと。 (10) 今後どのような学習を継続していきたいか-今後社会人になり多様な人々と関わる中で、物事を広く柔軟に受け入れていく姿勢をもち続けたい。 【渡航・滞在先住居について】 (1) 派遣先への出願(気を付けるべき点など)-個人で行う。 (2) ビザ申請(気を付けるべき点や、申請から発行までにかかった時間など)-大学側が行った。 (3) 航空券を予約した方法-ウェブサイト。 (4) 渡航したルート-行き:日本→シンガポール→ジャカルタ/帰り:ジャカルタ→日本 (5) 最寄りの空港から大学または住居までの移動-大学の送迎。 (6) 滞在先住居を探した方法-先輩が住んでいた場所 (7) 滞在先住居についての詳細-現金払い。清掃員によって、掃除の加減が異なる。WiFiは日による。 (8) 滞在先についての感想、アドバイス-きつい・汚い・危険を覚悟する。 【滞在国・地域での生活について】 (1) 現地での支払方法や現金の調達-現金とQRコード決済。現地の銀行でカードを作ると便利。 (2) 携帯電話-IMEI登録失敗して、もう一台スマホを買いテザリングして使用。常にスマホ2台持ち生活。頻繁に通信障害起こる。 (3) インターネット(キャンパス内や住居、街中でのインターネットの繋がりやすさなど)-家も学校も時と場合によって最悪。オンライン面接開始後すぐ画面が真っ暗になり電話面接状態に。 (4) 医療(現地で病院にかかったか、その際の対応はどうだったか、困ったことはあったかなど)-軽い症状なら、タケノコ診療所で問題なし。重い病気などは、大きな病院に行く必要あり。診察が遅い。 (5) 日本から持っていくべきもの-持っていけるだけの日本食(現地で購入できるが高い。) (6) 治安状況(どのような危険があるか、どうやって情報を入手したか、どのような対策をしていたか)-言うほど悪くないが場所による。貴重品は常に注意して持ち歩く。 (7) 食事-屋台だと100〜200円だが、油物ばかりで辛い。きつい。日本食が恋しくなる。自炊する方が高い。 (8) 情報の入手(書籍やウェブサイト、ガイドブックなど、現地の情報をどのように入手したか)-知り合いから。 (9) 特筆すべき文化や習慣の違い、気を付けるべき点-アザーンがきつい。 【進路について】 (1) 留学終了後の進路-就職 (2) 現地での就職活動や進学準備-オンラインでインターン、説明会、面接。 (3) その進路に対して留学経験をどう活かすか-多様な人々と関わる際、柔軟に広く物事を考え、受け入れられるようになったこと。 【今後留学を目指す学生へのアドバイス】 2−3年次の留学をお勧めする。 現地での就活との両立は厳しい。静かな環境やWiFi環境の整った場所が少ない。 食べ物、生活環境、何に対しても受け入れられないと感じ辛くて苦しいと感じる時が来ること。
月次報告書6月分
10ヶ月間の留学終了☑︎
2024-05
月次報告書5月分
9ヶ月目
今月の半ばで授業が終わり、後半はテスト期間でした。 テストはテストではなくレポートの提出が一つありました。 授業が終わってからは予定にはありませんでしたが、航空券が安かったためモロッコへも旅行に行きました。 人生で2つ目の大陸がアフリカ大陸になるとは思っていませんでしたが、イスラム圏の文化を肌で体験することができました。滞在中には2泊3日で砂漠ツアーへ参加し、ラクダに乗ったり、砂漠のど真ん中のキャンプでキャンプファイヤーなど、日本ではできないような貴重な体験をしました。ツアーは、カナダ、ドイツ、イタリア、ポルトガル、ニュージーランド、イギリス、エクアドル、日本人の多国籍なメンバーで組まれていて、英語でコミュニケーションをとりながら楽しく過ごすことができました。 カナリアでお土産を買いスーツケースに入らなそうなものをCorreos (郵便局)から一番安いPaquete Internacional Económico で送りましたが、7kg弱、63.4€でした。日本からスペインは全然届かないと言われていますが、スペインから日本はたったの1週間で届きました。 28日からはポーランド、オランダ、フランスの3カ国へ。 旅行中に出会った人たちと話したり、ヨーロッパ各地を肌で体験することができて、とても濃い一週間でした。
イベロアメリカ言語学科 4年 交換
月次報告書5月分
5
今月は嬉しいことがたくさんあった。 まず、ルチャ・リブレの大好きな選手Mascara Dorada のサインを貰えたこと。ファンになって以来サインをもらえるまでは日本には帰れないと思っていたので、彼のサインをマスクに貰えたのは一生の宝物になると思う。少年のような心を引き戻してくれるメキシコの力はやっぱりすごいと思った。 もう一つは4歳の男の子との出会い。いつものように馴染みのタコス屋さんにいると、親御さんに話しかけられて日本が好きで興味があると言ってもらえた。今までも大人から日本好きと言われることはあったけれど、小さい子から言われたのは初めてで一番嬉しかった。小さなお友達との出会いが何か特別だったんじゃないかと感じる。 別の常連のタコス屋さんにももう帰っちゃうので、どうやって準備しているか聞いて日本でタコスを食べれるようにしている。 授業はどれも最終盤に差し迫った。テストやプレゼンは先月の失敗があるので余裕を持って取り組み始めたので問題なく終わらせられた。今期はグループでのプロジェクトが多かったのでスペイン語の授業には慣れてたとはいえ、助けられてるなと思うことは多かった。先生も学生も「また来学期ね」のバイバイではなかったので少し寂しさも感じた。 大きく自分の中で変化したなと思ったのは初めて行った賑やかなバーは全然面白くなかったのに、今回行ったときは結構楽しんでたところだった。メキシコに染まっているなと改めて感じた。
イベロアメリカ言語学科 4年 交換
月次報告書5月分
月次報告書 5月
 長いようで短かった自分の留学生活も、この5月をもって終わりとなる。授業は2日をもって全て終了した。課題やテストなど、つまづいた時期も多くあったけど、最後のクラスでは先生やクラスメイトと一学期間の総括を話し合い、自らの感想を伝えあったことで最終日にもかかわらず、より親睦が深まったと思う。  気温は相変わらず高く、夜になっても半袖で問題ないほどになった。また乾燥しているため、非常に過ごしやすい。次回旅行などでポルトガルを再び訪れる際は是非とも夏に来てみたい。    そして私ことではあるが、5日から25日にかけてヨーロッパを一周した。それも通学リュック一つで。ポーランドのアウシュビッツ収容所やオーストリア、ハンガリーなどを周り、イタリアへ南下した後、南仏、バルセロナを経由してリスボンへ戻った。途中風邪を2回ほどひくなど、アクシデントも多く自分の身に降りかかったと思うが、留学生活と同じくらい価値のあるものであったし、何より新しいことに挑戦するハードルが下がったように感じる。  そして今日31日、帰国の途についている。友達とは笑顔でお別れすることができた。今までは涙の別れが多かった自分にとってまた一つ小さな成長を感じられた。  しかし結局耐えきれず、この報告書を泣きながら機内で書いている。この留学で自分は何を学んだのか、どんな失敗をし、そこからどう改善しどのような成功を収めたのか、それらについて気づくのはおそらくまだまだ先の話になりそうだが、少なくとも留学試験を受けて合格し、ポルトガルという国で9カ月間市民となって暮らし、勉強したこの時間は私にとって大いに価値のあるものであり、「行って良かった」と胸を張って言えるものになった。  この場をお借りして、見守っていただいた家族、日葡両国の友人、先生、大学の職員の方々に多大な感謝を示したい。  9ヶ月間支えていただき、本当にありがとうございました。
イベロアメリカ言語学科 4年 交換
5月は自分自身と戦う月になった印象が強いです。 授業が難しくて、授業についていけない自分に落ち込んだり、自分自身の問題で学校に通うことが難しくなり、留学を中断して日本に帰国するかとても悩み、とても辛い月でした。 その反面、楽しかったこともあります。学校自体がツアーに申し込んでくださり、クラス以外の留学生とハノイツアーに出かけました。そのツアーでは、ホーチミン廟に行き、実際にベトナムの初代大統領であるホーチミン氏の遺体が永久保存されている場所に行きました。初めて実際にホーチミン氏を見て、なんだか心にとても沁みる出来事でした。その後にタイ湖にあるレストランでみんなでビュッフェを楽しみました。初めてタイ人の子達とも関わり、友達が増えてとても楽しかったです。 とても悩んだ月でしたが、韓国人の友達が心配してくれて、放課後にカフェに誘ってくれたりして、沢山私の悩みを聞いてくれて、解決策などを出してくれ、無事残り少ない留学を続けようと決めることができました。 自分を追い込まない程度に今月も留学生活を楽しんでいきたいです。 気候については相変わらずとても暑い日々が続いています。夕方になると、スコールが降る時があり、雷がすごい日があります。なので、なるべく早く寮に帰るようにしています。
アジア言語学科 3年 推薦
1~10件目 / 12419件中